ふふふの奮戦記

ふふふふふ いっしょうけんめい息をふきこむ ふふふの奮戦記です
 
 楽器の中で一番好きなのは人間の声です
声楽、オペラ、ミュージカル、合唱、
これらを聴くと人間ってすごいなーと嬉しくなります
そして、自分では出せない音もフルートなら
代わりに歌うことができるかも、
歌うように演奏したい、そんな夢を持って吹いています

   高橋由美先生からフルートを習うようになったのが
1994年7月、だから、今は何年目?           
  汗かき恥書き練習日記ですが、
お目にとまりましたら嬉しいです。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



2017年

9月20日
「浜辺」スピードを上げましょう と先生
追いていけない~~~
海は止まりませんよ 
出来るまで練習 練習

9月13日
練習曲集に戻りました 「鳩」一応終了 時々復習しましょう
次 行ってみます 「浜辺」 波打ち際にさざ波が寄せては引く雰囲気で
どの音が飾りなのか見極めがつくと シンプルに容易くとらえることができる

9月6日
発表会のCDを聴きました 反省すべきこと多々
吹きながら 失敗してそれを引きずらないよう立て直して
とりあえず先に進み 自信を持って吹ける所に来たら落ち着いて
音を整え 次の難関に向かう 実にたくさんのことが瞬時に
頭に浮かびながら吹いている 何かあっても立て直せる
けれども動揺していることが如実にわかる
もっと精神を鍛えないとならないです
体力の衰えをカバーするのは気力しかない!

8月27日
芦笛の会 30周年 発表会でした
ピアノの渋木先生 近藤先生 いつもお世話になります
教室30年の間に高橋由美先生が指導されて プロ奏者として
巣立って行かれた皆さんをゲストとして 豪華な演奏会となりました
あらためて先生の凄さを実感

今回の曲は6年前にも演奏した「雨にぬれても」
今68歳の私にとって 6年の年月は“低下”なのか“蓄積”か
自分への挑戦でした 結果は 練習の積み重ねは老化に勝つ!
続けることの大切さ 先生のおっしゃることを
ちゃんと聞いて信じて実践する 習うは倣う 学ぶは真似る と
学んだ一年でした
さあ 次の曲に向けて またスタート位置につきましょう

8月16日
ピアノ合わせ 2回目 良い感じ 
ずれた時にどこで修正すれば良いかわかりました
きちっと合えばそれに越したことはないのですが
不規則な雨だれの雰囲気を感じると
計算されたズレがとてもお洒落な曲なので


8月9日
ピアノ合わせでした
数回確かめ合って 大丈夫(^0^)
あとは二人の息です 間合いを 忖度して


8月2日
先週ずれたり 入り損ねた箇所 できた!
あと どうしたら良いかわからないのは
長いイントロの間 何をしていたら良いのでしょう(^^ゝ


7月26日
ピアノと合わせて 最後まで止まらずに
何があっても 吹きとおす
何もかにもいろいろあって(^^ゝ 雨に濡れて 泥はねだらけ


7月19日
ピアノと合わせて通して吹きます が 出だしでつまづく
途中で気弱に 最後は電池切れ
(;;)めげるな


7月12日
先週 先生の音を聴いて 私が吹くのと全然違うので
ショックだった箇所 だいぶ改善されました
あと少し ラシドレ と ドレミファソ 一歩一歩諦めないで 前へ

7月5日
最後の章 ♭ファ は右薬指  迷わないこと!

6月28日
何をどうしても 一番高い=ド=が出ない日
こんな日もあるのサ 気にしない気にしない
きっと気圧のせいだ そうだそうだ 

6月21日
6年前の修復 最後の章に差し掛かりました
 レー(タンギング)レレシドー 忘れないように
でも終わりにたどり着いて振り返ると
出だしの部分をもう忘れてる しっかりしましょう


6月13日
楽譜が読みにくい 眼鏡が合わなくなったんだ と気が付いて
ネット通販で買いました プラスチックのレンズでとても軽い
度数もちゃんと合っています
見えるから吹けるとは限らないんだけど

6月7日
8月の発表会に向けて 
6年前に一度吹いた曲です 6年前のテオに勝てるか?!
自分に挑戦です



5月31日
31日が水曜日 めったにこういう日は無い
音出しの練習番号を日にちで決めているので 31番を吹くのはごくまれ
まごついてしまいました(^^ゝ
8月発表会に向けて 本格練習 
ん~ドドドララミミレ~エド

5月17日
「虫の踊り」概ね良し つまづく箇所があるのだけれど 
そして 夏の発表会に向けて 厳しい練習が始まりました

5月10日
練習曲は「虫の踊り」 軽快に歯切れ良く 
前の練習曲に出て来たワザが沢山出て来ます
鈴虫やキリギリスが羽を震わせて歌い踊る様を思い浮かべて





4月19日
「風」一応クリア でもこの練習は続けていないとすぐに後退してしまう
その代わり これをしておけば曲が楽になる
練習曲というのはそういう物なのですね


4月12日
今日もみっちりしごいて頂きました
「段で切ってはダメ」・・・そうですよね 1段だけの練習曲だったら
楽勝なんですけど(^^ゝ
「風」は1段が1小節 音が24 2段2節ひと息で進める気持ちで
う~ん 48の音を半音ずつ進めるの はぁっ

4月5日
練習曲 次は半音階で変化していく「風」
延々と続くのだけれど
8分の6 というリズムを意識して 気持ちの良い連続感を保ちましょう



3月22日
指使いが複雑なトリル満載の練習曲 クリア!
トリルは 波 なの 皺 では無い 
ソラ ソラソラ~~ソラソファソ この感覚を忘れないでおきましょう

3月15日
リズムとアーティキュレーションに言葉をつけて感覚をつかむ
初めは「トラック」だったけれどもう少し柔らかい感じ
で ひらめいたのが「プランタン」
そうか! トラックが砂利を積んでガタガタではなく
銀座プランタンで香水の香りに包まれて 楽しくお買い物
曲のイメージがつかめました

3月1日
音出しの練習は一音ごとに先生の音を意識して
「出したい音」が出ると楽しい
でも でたらめの歌詞を付ける悪い癖を今激しく後悔しています
“ファ”が続く箇所で笑いが止まらなくなっちゃった テオのバカ

トリルの練習では 頭、眼、指、大混乱 ぐちゃぐちゃ はぁ~~~
 『 ソ~~~~~~~ラソファソ ミ』 


2月22日
「現代風カンタービレ」何箇所か修正して(一応)終了しました 
調子に乗って来ると楽譜から目を離して 戻る時に迷ったり
不安な個所へと先回りしちゃったり
どうもいけません
さっ 次 装飾音がいっぱいの練習だ


練習曲集を持ったつもりが 尺八の楽譜だった(××)
先生の本をお借りして「現代風カンタービレ」を吹きました
この次はちゃんと自分の本を持って行って ハナマルを書いて頂けるように!


2月8日
「現代風カンタービレ」次の課題は スピードアップ
思い切って 速く吹いてみる
この方がずっと 「現代風」で「情熱的」 吹いていて気持ちが良い
迷わないでぐいぐい進んで行けるように ガンバル(^0^)


2月1日
次は「現代風カンタービレ」作曲者のケーラーさんは 1849-1907
日本では明治時代 オーストリアでは后妃エリザベトの時代
その頃の「現代風」ってどんな感じなのかな
真ん中にややこしい箇所があります ♯てんこ盛り(--;


1月25日
「つむぎ車」合格!最初に楽譜を見た時 思わずパタンと閉じてしまったほど
難しい曲でした 克服 完全とはいかないけれど
曲の形が良く判って来るに従って
流れが読める様になり 最初に見た物とは別の楽譜に見えて来たのが
嬉しいです 次の曲もがんばる(^0^)

1月11日
今年もコツコツ 練習を重ねましょう 先生 音楽の神様 よろしくお願い致します
休み明けの最初の練習は「つむぎ車」
糸車がくるんくるん回る光景を思い浮かべて
滑らかに吹き続けます 
その中でもブレスの位置に気を付けて
どこで切るかでフレーズごとの勢い 表情が全然違う センスが問われるところです

1月18日
「紡ぎ車」旋律と伴奏を吹き分ける 一人で二通りの音が聞こえて来るように吹く
と 楽譜が2通り見えて来ました!
そうか こういう事だったんだ

12月21日
ダブルタンギング延々と続くtukutukutukutuku
疲れたからって勝手にアーティキュレーションを楽な方に変更してはいけません
数か所修正して 丸を頂きました やったね
今年の練習はこれでお終い



12月14日
練習曲はダブルタンギングです わりと好き
その前に 音出しの時に先生の鋭い視線が
右手小指に ピシッと突き刺さりました!
うっ キーを抑えるの間違えている
この癖をしっかり直さなくては!!!!

12月7日
8分の6拍子の3泊目から始まっているリズム感の出し方
忘れないようにしよう
音の切れ目 目指す音 区切りを間違えないように
などなどいっぱい色んなことに気を付けて
練習曲「さようなら」ハナマルを頂きました 嬉しい(^0^)



11月30日
節の途中から始まる曲は どの拍から音を出し始めたのか
聴いている人にも通じる様にしましょう
ウンウンと首を振って拍子をとっても良いのだけれど
雰囲気を壊してしまうからできるだけ
『さんはいのほい』にならないように う~~~ん

11月16日
教室でたまに先生に電話などで 席を外される時が予習のチャンス
ササッと吹いてみて・・・と それが案外良い音
そうなんです 頑張り過ぎず 力を抜いて 勢いをつけて
「手に手をとって」卒業できました
次は「さようなら」譜読みでドラマは浮かびました

11月9日
無意識の間違いが怖い(--; ファを下げないこと!
その他のミスは楽譜をちゃんと読まないためのミス
調子のよい曲は中途半端に暗譜してしまうからいけません(^^ゝ

11月2日
「手に手をとって」
目指す音に向けて ひと息で吹く 
ギスギスと頑張った音にならないように
滑らかに 軽やかに 

10月26日
今日から「手に手をとって」という楽しい練習曲
聴かせどころいっぱい 華やかに踊る光景が思い浮かぶ
ミ♭ から ファ に行くトリル しっかりと指に覚えさせよう

10月18日
出かけたり 風邪をひいたりで ほとんど練習できなかった
不安と緊張 宿題をやってない後ろめたさ
「指を上げ過ぎる」とのご指摘で 気を付けて直したら
先生に笑われました 「やれば出来るんだ」(^^ゝ

10月13日
ただ なだらかに音階が続く それだけなのに 難しいっ
勢いをつけて 止まらないで うねるように 転がるように ながれるように 
ひたすら練習あるのみ はぁ~~~


10月5日
「つばめ」大甘の合格(^^ゝ 次は「タンタロスの苦しみ」というタイトルの練習曲
延々と音階が続くのだけれど 一つ違う音を加えるだけで 
音階がメロディになる 糸玉が転がるように続けることができたら
素敵な曲で好きです がんばるぞー


9月21日
練習曲「つばめ」 タイヘンダァ 指を間違えていた!
からに移る時の右小指 放しちゃダメ 癖が固まっていませんように
その部分に来ると頭の中に危険信号が点滅








 ==覚え書き==

2015年 10月9日 
奈良へ行って国立博物館で正倉院展を見たこと、
1300年前の 石製の横笛に感動しました
石を削って 穴を開けて 音を確かめて 満足の笑みを浮かべて吹いたであろう
奈良時代の人を思い浮かべて 同じ笛吹きの喜びを共感できる幸せ
文化文明を千年 2千年 この先も伝承していく環境を保てる大切さ
平和の大切さを切実に願わないではいられません

 2016年 8月 発表会の講師演奏で 先生の解説
「装飾音は 和音を感じてもらうためのもの」 先生の演奏で良くわかります 自然に、軽く、華麗に
出来ることを見せびらかすためのトリルではないのだ
(^0^)
 2017年3月 
トリルは 波 です 皺 にならないように
 2017年 8月 習うは倣う 学ぶは真似る 真摯に教えて頂く姿勢を忘れてはいけません



 

発表会の記録

1年目 1995年 ベテランに支えられてのアンサンブル
パッフェルベルのカノン
2〃 1996年 ビゼー作曲、カルメンよりハバネラ
3〃 1997年 ビゼー作曲アルルの女より、メヌエット  


楽譜を持って出るのを忘れた アレレの女
 
4〃 1998年 ミュージカル、キャッツより、
オールド・デュトロノミー ~ メモリー 
 
5〃 1999年 ヨハネス・ドンジョン作曲、Pan         
6〃 2000年 ビゼー作曲、カルメンより間奏曲
7〃 2001年 ボロディン作曲、イーゴリ公より ダッタン人の踊り 
8〃 2002年 チャールズ・チャップリン作曲、ライム・ライト
9〃 2003年 イタリア民謡より、フニクリフニクラ
10〃 2004年 バダルジェフスカ作曲、乙女の祈り
11〃 2005年 南京豆売り・エル クンバンチェロ
12〃 2006年 ウエストサイド物語よりTonight,Cool,Somewhere
13〃 2007年 ヨハネス ドンジョン作曲 ナイチンゲール
14〃 2008年 バッハ 管弦楽組曲ロ短調より サラバンド、バディネリ
15〃 2009年 ヴェルディ~レミュサット編曲 椿姫奇想曲
16〃 2010年   C・J・アンデルセン編曲 歌劇「魔笛」より
17〃 2011年  B・バカラック作曲 雨にぬれても
18〃 2012年  篁ゆき編曲 きらきら星変奏曲
19〃 2013年   ショパン編曲 ロッシーニの主題による変奏曲
20〃 2014年   ドビュッシー作曲 小舟にて
21〃
2015年  ウイルヘルム ポップ作曲 リゴレット幻想曲

 この曲に寄せるテオの思いを記録しておきます

上演するには2時間かかるヴェルディ作曲のオペラ リゴレットを
 ウィルヘルム ポップが10分少しにまとめてくれました 
華やかな旋律の一方で 主題となっている 道化師リゴレットへの
呪いが重くのしかかり悲劇的な結末へと一気に進みます。
あまりに悲惨な物語に怒りがこみ上げるのですが、
原作者のヴィクトル・ユーゴーはこの作品の後に「レ・ミゼラブル」を書きました。
民衆の怒りに火がついて、フランス革命へ発展した中で、リゴレットの無念も、
哀れな乙女ジルダの犠牲も、報われたのでしょうか。
 22年目  2016年  ドビュッシー作曲  夢
この曲で 思い浮かんだのが小野小町の歌
「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ夢と知りせば覚めざらましを」

あの人のことを思いながら眠りについたから夢にでてきたのだろうか。
夢と知っていたなら目を覚まさなかっただろうものを

この世では会えるはずの無い人と 夢の中で会う驚きと懐かしさと
覚めた時の 呆然とした気持ち 曲から受け取ったイメージを
表現できたらと思います 
 23年目  2017年  バート バカラック作曲 雨にぬれても
6年前に吹いて、大いに悔いが残っている曲なので再挑戦します。
「今は雨にぬれても そのうち晴れるさ」とツイてない人生を慰め 励ます歌で、
映画 「明日(あす)に向かって撃て」の中で自転車で愉快に遊ぶシーンも織り込まれています。 
 どしゃぶり、雨宿り、最後の雨のしずくがキラッと光って、空が明るく
晴れて来る、そんなハッピーエンドを願って、吹きます。