ふふふの奮戦記

ふふふふふ いっしょうけんめい息をふきこむ ふふふの奮戦記です
 
 楽器の中で一番好きなのは人間の声です
声楽、オペラ、ミュージカル、合唱、
これらを聴くと人間ってすごいなーと嬉しくなります
そして、自分では出せない音もフルートなら
代わりに歌うことができるかも、
歌うように演奏したい、そんな夢を持って吹いています

   高橋由美先生からフルートを習うようになったのが
1994年7月、だから、今は何年目?           
  汗かき恥書き練習日記ですが、
お目にとまりましたら嬉しいです。


♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



2018年

7月11日
今日は「アイスキー」を使う事を習いました
初めて知った(^0^) なんと複雑繊細な構造なことでしょう フルート!


7月4日
ダブルタンギングの練習 コツは“てきとーに”力まない事
今日は腰が痛くて入れようにも力が入りません
ぎっくり腰

6月27日
酷い鼻風邪で先週はお休みしました
鼻が詰まっていると自分の音がぼわーっと霞んで分からない
ようやく治ってレッスン再会
病み上がりにしてはまあまあの出来でした(^0^)
喉、鼻の健康を保ちたい


6月13日
練習曲「月の光」
同じ練習曲集をもう一度最初からやっていますが
2回目は“表現”に重点を置いてというか 先回よりもさらに高度な
演奏を目指して 先生の指導が入ります 厳しいけど 挑戦!

6月6日
長い息で低音を吹く練習 「重い物を持ち上げる時の腹筋の使い方を意識して」
下腹に力を集中して 長く安定した息を送る 
ふぅーーーーっ 重たかった 疲れるけど息は続いた この感覚ですね


5月30日
鼻づまりで息が吸えません 練習ほとんどしませんでした(--;
音出しの練習は30日なので30番 いきなり高い音から始まるの
ダメだろうなぁと諦めながら吹いたら あらら 出ました 一番高いド
無欲で力みが無かったのが幸いしたようで(^^ゝ


5月16日
大きな息 長い息をするためには お腹をしっかりと張る感じ ちょっと解った
忘れずに意識して 太く 深く 長く 力強く 息を吸い 押し出す
何もしていない時でも 息はしている 吸って吐いて 
何もしなくても 意識して 息の練習はできるはず やりましょう

5月9日
練習曲 拍子ごとに切らずに 勢いをつけて畳みかけるように続けましょう
そう!それが出来ればいいなぁと 自分でも思う(^^ゝ


5月2日
練習曲 後半倍速になる部分への切り替えと 
早さを保って整える調整 
なんとか先生の速さについて行けるようになりました 万歳


5月は白い花が緑に映える季節

4月25日
練習曲は「なぐ
さめ」
ブレスの位置が違う 切るべき所でしっかり息を吸っておかないから
だいじな所で息切れになってしまう

4月18日
曲を仕上げるのは 縫物と似ています
パーツごとに丁寧に作って それから通して全体を調整
つっかえる度に最初に戻るのは 
間違える練習を積んでしまうようなもの

4月11日
練習曲 「からかい」 おどけた感じ ふざけた感じ
タンギングが難しい 切る 切らない つなげる 伸ばす 
区別をまちがえないように 主になる音と飾りの音が分かれてしかも滑らかに 
難しいぞーーーー

4月4日
練習曲「人形のワルツ」 よくタイトルを見たら 「人形」でした
でも曲の雰囲気としては お人形 またはお人形さん
愛らしく軽やかに吹きましょう
8月の発表会の曲にも取り掛かりました
アーティキュレーションの確認と ダブルタンギングの特訓

練習を終えて 近くの川端へ桜を見に行きました




3月28日
2週間ぶりの楽しいレッスン (^0^)
練習曲は 「お人形のワルツ」去年よりは軽やかに吹けています
が うまく行かない箇所 原因
タンギングはするけれど ブレスで止まってはいけない 
かつ 息も続くように
これが難しい

3月14日
「ブランコ」2回目 時々止まる つまずく 一番の原因は
タンギングすべき所でだらっと繋げてしまう失敗感(^^ゝ
練習曲だと思うと まぁ いいか にしてしまう 反省です

3月7日
練習曲 1冊終了 で 次は?
同じものをもう一度 最初の曲からやってみます
2年前の自分を振り返って比べてみる
2回目の今度は 楽譜を理解した上で 表現することに挑戦します
という訳で 今日はその1 「ブランコ」
勢いをつける所 静まる様子 感じられるように


2月27日
練習曲「ロシヤの踊り」先生が吹いて 素敵 あんなふうに吹きたい と言う箇所が
かなり満足のいくように出来ました 願えば叶うように教えて下さる先生 素敵!



2月21日
大雪で道幅が狭くなってすれ違いが出来ないため
バスが3週間運休 教室に行くことが出来ませんでした
自宅学習となりましたが 
練習曲「ロシヤの踊り」楽譜の読み間違いが1か所あった他は
まずまずの出来(^0^) 
さらなるレベルアップを目指して 練習練習

1月31日
先週は吹雪と路面凍結に怖じ気て休みました
お家で練習
「ガボット」〇を頂きました どの音も出ていました と言って頂いて嬉しかったです(^0^)
途中で息が切れてしまう時は 息継ぎできる箇所を逃さない しっかり吐く 吸う 

1月17日
急激に積って 急激に融けた今回の雪
おかげで十分雪掘りエクササイズができました
準備運動が出来たところで ガボット 練習
スラ―とスタッカートが続く箇所で 強調するのか 
目立たないようにするのか センスが生きるところです
マスターしたい

1月10日
今年もよろしくお願い致します
冬休み中に練習していた「スペイン風カプリス」は合格(^^ゝ
“努力”を認めて下さる由美先生大好き!
次 行きます
今年の目標は 力強い音 疲れると息切れが目立つこの頃
体力 筋力をつけないとね

2017年

12月20日
「スペイン風のカプリス」
何回も出て来る ソシファミレソソ すべて転んでしまった(--;
冬休みの宿題です
今日は今年最後のレッスン 楽しかったです
来年も良い音 良い音楽を求めて挑戦していきたいです


12月12日
次 「スペイン風のカプリス」
終わりの部分が高速になります 
疲れを出さないで ひと息に吹き切れるかどうかで決まります



12月6日
「カッコウとナイチンゲール」
所どころ音を間違えるミスはあったものの
〇を頂きました(^0^)
さあ 次 いってみましょう

11月30日
上越市で新たに完成した「オーレンプラザ」のコンサートホールを借り切って
音楽遊びの会
テオットの尺八と「月の砂漠」を合奏しました
ピアノはこの曲を尺八用に編曲して下さった
近藤則江先生



11月29日
「カッコウとナイチンゲール」
もうちょっと ん~ ちょっとでもないかな(^^ゝ かなり
ところどころ バタついてしまう ひとつの息でスゥーーーーっと
せっかくここまで来れたのだから もうひと頑張りしてみます

今日は楽譜を反対向きに読んで吹くのが面白かった!(^0^)


11月22日
曲の中での場面転換を わかりやすく しっかり切り替えましょう
曲の雰囲気 楽譜の指示に従って 
飛び込む 忍び込む 勢いをつけるのか そっと覗き込むのか
次のフレーズを息継ぎの間に イメージを掴んで


11月15日
長い音の刻みを正確にしましょう そこにトリルがついているなら
なおさら しっかり伸ばしながら装飾をいれる
他 気を付けなければならないこと 沢山



11月8日
「カッコウとナイチンゲール」
風邪で寝込んでしばらく楽器に触れなかったためもあり
楽譜を覚えた箇所と あやふやな個所と 速さがバラバラ 
気まぐれに走ったり止まったり 転んだり あーあ(--;


11月1日
練習曲は「カッコウとナイチンゲール」
2種類の鳥の鳴き声を表現します
西洋の音楽で好きな点
音真似 物真似 ではなく 音楽として表現していること
だから小鳥の鳴き声だからと言っても
決して 鶯笛ではない フルートで奏でるさえずりなのだ


10月18日
練習曲「浜辺」~波のざわめきを感じて~
取り掛かった初めのおぼつかなさを思えば 大した進歩!(自画自賛)
攻める所と抜く所 緩急を無理なく表現するためには
ブレスのタイミングと長短が決めてとなります
できた(^0^)

10月11日
ひとつのフレーズを一つの息で吹き切る 
音が途切れる 不安定になる箇所は つっかえる音をしっかり意識して確かめる
先生から直して頂くと ちゃんと直る 
さあ 教わった事を忘れないで
ちゃんと練習しよう


9月27日
間違えがちな音を克服する方法 教えて頂きました
飾りや強調のための音を抜かしてみると
シンプルな作りになっていることが分かる
縫物で失敗したところを解いて縫い直す作業にも似て
急がば廻れ 


9月20日
「浜辺」スピードを上げましょう と先生
追いていけない~~~
海は止まりませんよ 
出来るまで練習 練習

9月13日
練習曲集に戻りました 「鳩」一応終了 時々復習しましょう
次 行ってみます 「浜辺」 波打ち際にさざ波が寄せては引く雰囲気で
どの音が飾りなのか見極めがつくと シンプルに容易くとらえることができる

9月6日
発表会のCDを聴きました 反省すべきこと多々
吹きながら 失敗してそれを引きずらないよう立て直して
とりあえず先に進み 自信を持って吹ける所に来たら落ち着いて
音を整え 次の難関に向かう 実にたくさんのことが瞬時に
頭に浮かびながら吹いている 何かあっても立て直せる
けれども動揺していることが如実にわかる
もっと精神を鍛えないとならないです
体力の衰えをカバーするのは気力しかない!

8月27日
芦笛の会 30周年 発表会でした
ピアノの渋木先生 近藤先生 いつもお世話になります
教室30年の間に高橋由美先生が指導されて プロ奏者として
巣立って行かれた皆さんをゲストとして 豪華な演奏会となりました
あらためて先生の凄さを実感

今回の曲は6年前にも演奏した「雨にぬれても」
今68歳の私にとって 6年の年月は“低下”なのか“蓄積”か
自分への挑戦でした 結果は 練習の積み重ねは老化に勝つ!
続けることの大切さ 先生のおっしゃることを
ちゃんと聞いて信じて実践する 習うは倣う 学ぶは真似る と
学んだ一年でした
さあ 次の曲に向けて またスタート位置につきましょう

8月16日
ピアノ合わせ 2回目 良い感じ 
ずれた時にどこで修正すれば良いかわかりました
きちっと合えばそれに越したことはないのですが
不規則な雨だれの雰囲気を感じると
計算されたズレがとてもお洒落な曲なので


8月9日
ピアノ合わせでした
数回確かめ合って 大丈夫(^0^)
あとは二人の息です 間合いを 忖度して


8月2日
先週ずれたり 入り損ねた箇所 できた!
あと どうしたら良いかわからないのは
長いイントロの間 何をしていたら良いのでしょう(^^ゝ


7月26日
ピアノと合わせて 最後まで止まらずに
何があっても 吹きとおす
何もかにもいろいろあって(^^ゝ 雨に濡れて 泥はねだらけ


7月19日
ピアノと合わせて通して吹きます が 出だしでつまづく
途中で気弱に 最後は電池切れ
(;;)めげるな


7月12日
先週 先生の音を聴いて 私が吹くのと全然違うので
ショックだった箇所 だいぶ改善されました
あと少し ラシドレ と ドレミファソ 一歩一歩諦めないで 前へ

7月5日
最後の章 ♭ファ は右薬指  迷わないこと!

6月28日
何をどうしても 一番高い=ド=が出ない日
こんな日もあるのサ 気にしない気にしない
きっと気圧のせいだ そうだそうだ 

6月21日
6年前の修復 最後の章に差し掛かりました
 レー(タンギング)レレシドー 忘れないように
でも終わりにたどり着いて振り返ると
出だしの部分をもう忘れてる しっかりしましょう


6月13日
楽譜が読みにくい 眼鏡が合わなくなったんだ と気が付いて
ネット通販で買いました プラスチックのレンズでとても軽い
度数もちゃんと合っています
見えるから吹けるとは限らないんだけど

6月7日
8月の発表会に向けて 
6年前に一度吹いた曲です 6年前のテオに勝てるか?!
自分に挑戦です



5月31日
31日が水曜日 めったにこういう日は無い
音出しの練習番号を日にちで決めているので 31番を吹くのはごくまれ
まごついてしまいました(^^ゝ
8月発表会に向けて 本格練習 
ん~ドドドララミミレ~エド

5月17日
「虫の踊り」概ね良し つまづく箇所があるのだけれど 
そして 夏の発表会に向けて 厳しい練習が始まりました

5月10日
練習曲は「虫の踊り」 軽快に歯切れ良く 
前の練習曲に出て来たワザが沢山出て来ます
鈴虫やキリギリスが羽を震わせて歌い踊る様を思い浮かべて









 ==覚え書き==

2015年 10月9日 
奈良へ行って国立博物館で正倉院展を見たこと、
1300年前の 石製の横笛に感動しました
石を削って 穴を開けて 音を確かめて 満足の笑みを浮かべて吹いたであろう
奈良時代の人を思い浮かべて 同じ笛吹きの喜びを共感できる幸せ
文化文明を千年 2千年 この先も伝承していく環境を保てる大切さ
平和の大切さを切実に願わないではいられません

 2016年 8月 発表会の講師演奏で 先生の解説
「装飾音は 和音を感じてもらうためのもの」 先生の演奏で良くわかります 自然に、軽く、華麗に
出来ることを見せびらかすためのトリルではないのだ
(^0^)
 2017年3月 
トリルは 波 です 皺 にならないように
 2017年 8月 習うは倣う 学ぶは真似る 真摯に教えて頂く姿勢を忘れてはいけません



 

発表会の記録

1年目 1995年 ベテランに支えられてのアンサンブル
パッフェルベルのカノン
2〃 1996年 ビゼー作曲、カルメンよりハバネラ
3〃 1997年 ビゼー作曲アルルの女より、メヌエット  


楽譜を持って出るのを忘れた アレレの女
 
4〃 1998年 ミュージカル、キャッツより、
オールド・デュトロノミー ~ メモリー 
 
5〃 1999年 ヨハネス・ドンジョン作曲、Pan         
6〃 2000年 ビゼー作曲、カルメンより間奏曲
7〃 2001年 ボロディン作曲、イーゴリ公より ダッタン人の踊り 
8〃 2002年 チャールズ・チャップリン作曲、ライム・ライト
9〃 2003年 イタリア民謡より、フニクリフニクラ
10〃 2004年 バダルジェフスカ作曲、乙女の祈り
11〃 2005年 南京豆売り・エル クンバンチェロ
12〃 2006年 ウエストサイド物語よりTonight,Cool,Somewhere
13〃 2007年 ヨハネス ドンジョン作曲 ナイチンゲール
14〃 2008年 バッハ 管弦楽組曲ロ短調より サラバンド、バディネリ
15〃 2009年 ヴェルディ~レミュサット編曲 椿姫奇想曲
16〃 2010年   C・J・アンデルセン編曲 歌劇「魔笛」より
17〃 2011年  B・バカラック作曲 雨にぬれても
18〃 2012年  篁ゆき編曲 きらきら星変奏曲
19〃 2013年   ショパン編曲 ロッシーニの主題による変奏曲
20〃 2014年   ドビュッシー作曲 小舟にて
21〃
2015年  ウイルヘルム ポップ作曲 リゴレット幻想曲

 この曲に寄せるテオの思いを記録しておきます

上演するには2時間かかるヴェルディ作曲のオペラ リゴレットを
 ウィルヘルム ポップが10分少しにまとめてくれました 
華やかな旋律の一方で 主題となっている 道化師リゴレットへの
呪いが重くのしかかり悲劇的な結末へと一気に進みます。
あまりに悲惨な物語に怒りがこみ上げるのですが、
原作者のヴィクトル・ユーゴーはこの作品の後に「レ・ミゼラブル」を書きました。
民衆の怒りに火がついて、フランス革命へ発展した中で、リゴレットの無念も、
哀れな乙女ジルダの犠牲も、報われたのでしょうか。
 22年目  2016年  ドビュッシー作曲  夢
この曲で 思い浮かんだのが小野小町の歌
「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ夢と知りせば覚めざらましを」

あの人のことを思いながら眠りについたから夢にでてきたのだろうか。
夢と知っていたなら目を覚まさなかっただろうものを

この世では会えるはずの無い人と 夢の中で会う驚きと懐かしさと
覚めた時の 呆然とした気持ち 曲から受け取ったイメージを
表現できたらと思います 
 23年目  2017年  バート バカラック作曲 雨にぬれても
6年前に吹いて、大いに悔いが残っている曲なので再挑戦します。
「今は雨にぬれても そのうち晴れるさ」とツイてない人生を慰め 励ます歌で、
映画 「明日(あす)に向かって撃て」の中で自転車で愉快に遊ぶシーンも織り込まれています。 
 どしゃぶり、雨宿り、最後の雨のしずくがキラッと光って、空が明るく
晴れて来る、そんなハッピーエンドを願って、吹きます。